新型【ターゲット】値引きの方法を教えます

新型【ターゲット】を限界まで値引きして、下取り車を相場よりも高く手放し、新型【ターゲット】を底値で買う方法を紹介します!これを実践するのとしないのとでは、10~30万円違ってくることでしょう・・・簡単なので是非参考にしてくださいね!

取扱い業者への行き方、訪問方法

値引き交渉を成功させるには、ディーラー同士の競合が効果的。【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店で【ターゲット】の扱いがあります。その中でも特にカローラ店とネッツ店は値引きが大きい傾向があります。よって、この2店は最後にとっておきましょう。

値引き交渉を簡単に済ませるには

【ターゲット】は【メーカー】の販売店4系統(【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店)すべてで取り扱っている車種です。これらはそれぞれが独立した会社なので、すべてのお店で競合させることが可能です。相見積もりをとって、しっかりと比較してみましょう。

印象の良い人が有利!?クルマ値引きのコツ

クルマを値引き交渉する相手は営業マンです。相手も人間、商談中に良好な関係を築けるかが値引きの近道です。お客だからといって横柄な態度をとるのは逆効果で、コミュニケーションを取って良い人に徹することが大切なポイントです。値引き額は顧客によって変わるもので、商談ごとに結果は異なります。今後とも付き合っていきたい相手に売りたいと思わせるため、第一印象を大切に、話し方や予算の出し方を工夫するようにしましょう。

専門店での値引き成功術

購入する際の交渉は自宅ですると良いでしょう。ゆったりと営業マンと交渉できる時間を持つのが良いと思います。(営業マンも心理的に値引きが出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるならOKです。と言う。同様に、支払い総額が△△万円になるなら契約しますとお願いします。現金払いのメリットはディラーにはありません。クレジットカードを利用しましょう。さらに得するコツは、納車時にガソリン満タンを要望する。通常、ガソリンは10kmくらい走れる程度しか入っていません。ボディーコーティングなどのオプションは付けておいた方が、後でコーティングするより仕上がりが良いです。車両登録、車庫証明などの登録手数料のサービス・半額をお願いする。一般にローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、その分が値引き額に反映されやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に契約する。

破格の値引き!?展示車やキャンセル車を狙おう

展示車とは、ディーラーのショールームに飾るための車両です。一方、キャンセル車は制約後に何らかの都合でお客様に渡らなかった車です。展示車は、展示期間の長さによって値引き額が変わりますが、値引き交渉によっては通常の2倍、あるいはそれ以上の値引きが期待できます。キャンセル車は、登録済の場合不良在庫を避けるために破格の値引きになることがあります。展示車よりも出ないためめぐり合わせ次第ですが、狙う場合はディーラーに聞いてみましょう。

お得に買うなら決算期?!

9月と3月になるとディーラーでは決算時期を迎えます。営業マンは、営業成績のノルマをこなすため積極的な値引きや下取り額アップに努めます。同時に、ディーラーとしても決算セールの特別キャンペーンを行うので非常にお買い得に車を購入出来る時期となります。ただし支払い時期が納車時と決まっている店舗もあり、納車までに1~2ヶ月かかる場合もあるので、決算期より前に店舗を尋ねておくと、スムーズに商談を進めることが出来ます。

【ターゲット】購入時のオプション割引を受けるコツ

カーナビやコーティングなどディーラーオプションをうまく利用することで、クルマ購入時の割引サービスに差をつけることができます。この割引サービスを受けるために最善のタイミングは、車体本体価格の値引き交渉が潮時と感じた時です。話の目先を変えて一気に攻めます。それでも消極的なディーラーであれば、クルマ購入の交渉が最終段階まで進み、もう印鑑を出すというタイミングでオプションの付帯要求を申し出ます。うまくいけば、20パーセント程度の値引きも夢ではありません。

残クレ。損なく利用しよう!

残価設定ローンとは、最近この言葉をよく耳にすると思います。短縮して、残クレのことです。第一のメリットは、毎月の返済額が今までの常識では考えられない安い金額なので、新車の高級車に乗ることが出来ます。数年後に、その車を下取りに出す場合の金額を差し引いてローンを組みます。中には、そのローンで車検代金も含まれていることもあります。車検時に、お金の必要が無いのは魅力ですね。でもデメリットです。実はローンの金利は、通常ローンよりも高いです。期間が終わった時に、走行距離、傷があったりすると追金が発生します。3年から5年の間に、誰が、どの場合に乗るのか考えて決める必要があると思います。

交渉苦手な方必見!ディーラーでの値引きのコツ

新車を購入する際、ディーラー側から値引きさせたい!と思わせましょう。その為に購入する側は「お客様は神様だ」というような横柄な態度をとってはいけません。「この人には安く買ってもらいたい」と思わせるような丁寧な態度をとることが大事です。上手に交渉したいなら自分の意見より先に相手の意見を聞きましょう。そうすることで「この人は本気で購入を考えてくれている」と向こうから値引きについて話してくれます。また、ディーラーで車を購入すると、その後のメンテナンスなど何かとお世話になります。長い付き合いにするためにも、しっかりディーラーと仲良くなって信頼関係を築くことが大切です。