新型【ターゲット】値引きの相場を教えます

新型【ターゲット】値引きで適切な交渉は、下取り車を相場よりも高く売って、新型【ターゲット】をディーラーで購入するだけという状態で望みましょう。この記事をよく読んで理解していただければ、損しない新車【ターゲット】の交渉が出来ることでしょう。クルマに詳しくない方にもキーワードをディーラーに伝えるだけなので、勉強すること無く出来てしまいます。

取扱い専門店へのアクセス、問い合わせ方法

【ターゲット】は【メーカー】の販売店4系統(【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店)すべてで取り扱っている車種です。これらはそれぞれが独立した会社なので、すべてのお店で競合させることが可能です。相見積もりをとって、しっかりと比較してみましょう。

値引き交渉を成功させるには

値引きテクニックとしては、もし、時間が許すのであれば、出来るだけ相見積もりを取ると良いでしょう。【メーカー】のディーラーは、4系統あります。それぞれ【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店です。同じ系統だと値引き額は同じで統一している可能性があるので、出来る限り、4系統回るようにした方がよいでしょう。

誠実な人柄で商談に臨むのが一番

自動車セールスの営業マンは、自社製品のスペックを当然のように把握しています。それは、ベテランの営業マンも変わらないのですが、若手の営業マンの多くはスペックについて語ることが多いです。一方、ベテランの営業マンは、潜在的な購入者である顧客の心理をつかもうとします。そこで、客であるあなたは、誠実に自分の予算や車を手に入れる目的を語るといいです。値引き交渉は、購入者のスキルではなく、人間同士の関係によって、成功かどうかが左右されるのを忘れないほうがいいのです。

専門店での値引き成功術

一度ディーラーに訪問して見積もりをもらうと営業マンは不意をついて、その日の夜に自宅に訪れることが良くあります。その際はチャンスです。営業マンは絶対に契約を取りたいと思って訪問しているので、こちらの無理な要求も通りやすくなります。交渉の細かいテクニックとしては、端数を切り捨て、総額で○○万円になるなら契約しますと伝えます。同様に、支払総額が△△万円になるなら契約しますと言う。現金払いのメリットはディラーにはありません。よって、『現金だから値引きして』は通用しません。さらに納車時ガソリン満タンを要望すれば完璧です。納車時は営業マンは忘れたふりをしますので要注意です。ボディーコーティングをサービスしてくれたらなど、好きなオプションを要望する。車両登録、車庫証明などの登録手数料のサービスを要求する。ローンを利用した方がディーラーに手数料が入る事を織り込んで、値引きは上乗せされやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)がある時に契約する。

デモアップの車がねらい目

展示車は新古市場として流れます。新品同様で走行距離が少ないことが特徴で、市場をした程度ですので品質はほとんど損なわれていません。キャンセル車も同様です。これらの車は店のノルマを達成するために安く売るという方針があります。そのタイミングに遭遇すれば値引き交渉を行い、よりお得に購入ができます。納車時には、洗車や室内の掃除や点検を行ってくれますので安心です。オプションも取りつけれますのでカスタイマイズも可能です。

【ターゲット】を少しでも安く購入したいのなら時期を選ぶべきです!

【ターゲット】を少しでも安く購入したいのなら時期を考えるべきです。まずは1月頃からディーラーとの交渉を始めます。勿論、すぐに決定してはいけません。欲しい車と競合する2車種ほどを選びどれにするか迷っている、という姿勢を見せます。そして2月頃には2車種に絞りどちらかには必ず決めたいという意思を示しますが、そこでもまだ妥協せず粘り強く交渉を続け3月まで引っ張ります。ディーラーには月毎のノルマがありますが特に3月は年度末のため少しでも営業成績を伸ばそうとして、かなりの値引きキャンペーンを行います。そこで最大限の値引きを引き出してから購入を決めるのです。

クルマ購入はディーラーオプションでもっと安くなる!?

ディーラーオプションとはアルミホイールやカーナビ、フロアマット、コーティングなどディーラー(販売店)で取り付けるオプションのことで、要は後からいつでも取り付けられる部分です。ディーラーオプションでの値引き交渉は車両本体価格の値引き交渉が限界を感じてから始めてください。車両本体価格が限界まで値引きされたあと、「(ディーラーオプションの)コレも付けるので後〇万円引いて」、「この(値段交渉した)価格で購入するから、サービスして」などと伝えてみましょう。さらにディーラーオプションを納車後に取り付けてもらえるように頼んでみてください。こうすることによって自動車取得税も少し節約できますよ。

走行制限などの代わりに安価で車を購入できるローン

クルマを購入する際にディーラーより提案されるのが、残価設定型ローンと呼ばれるものです。買い替え時に発生する下取り価格の差し引き分を購入金額とし、その金額を分割で支払う方式で、月々の返済額が少なく、他のローンと比較して金利も安く設定されています。低コストで車を購入できる代わりに、数年ごとに買い換える、指定された月毎の走行距離を超えないといった条件があります。例えば事故を起こした場合、次の買い替え時において、追金という形で買取金額が下がります。

購入意欲の表現が重要!

値引きを実現するならば、信頼関係を築くことが重要です。まずは、マナーです。挨拶や言葉遣いを丁寧に行うことが営業マンに営業をしやすい環境を与えます。命令形や無理な注文であると営業マンは売りたくない思いや関わりたくないと思い値引きを控えて売ろうとしません。また、購入意欲をはっきり伝えることも重要です。これが伝われば、値引きして購入させたいという心理が働きます。購入予定や予算を明確に伝えることがポイントです。