新型【ターゲット】値引きのコツを教えます

新型【ターゲット】値引きで重要なのは、今お持ちのクルマをディーラーの下取りとしてではなく、買取専門の業者に売却することです。それによって、新型【ターゲット】をディーラーとの交渉で有利に進める事ができます。これからは、そんなに難しくないお話をしますので、読んでいただければ、交渉の時に迷うことは無いと思います。地域によって、またディーラーによっても値引き額は違ってくるのですが、それでも簡単に30万円くらいの値引きは引き出せます。

取扱い専門店へのアクセス、訪問方法

【ターゲット】は【メーカー】の販売店4系統(【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店)すべてで取り扱っている車種です。これらはそれぞれが独立した会社なので、すべてのお店で競合させることが可能です。相見積もりをとって、しっかりと比較してみましょう。

値引き交渉で断られないためには

【ターゲット】を取り扱っているのは、【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店全てで取り扱っています。なので、遠くのディーラーにわざわざ行かなくてはいけないことはないでしょう。自分の馴染みのディーラーでじっくり粘って価格交渉するのも良い方法のひとつです。

値引きをして貰うにはフレンドリーに。焦りは禁物。

車の営業マンと値引き交渉をするときに何故フレンドリーに接する必要があるのかと言うと、私が見たことのある高圧的な人との交渉をしている営業マンの方は高圧的な態度に出てくるお客様は交渉自体をしたくない相手と言えます。何故なら、高圧的な人は自分の意見しか一方的に言わず営業マンの意見を聞き入れないために営業マンとしては相手をしたくない人となります。営業マンが少しでも折れるとまた値引き交渉をすると言ったことをする方が多く時間が掛かるお客さんが多いです。ですがフレンドリーな人は見た所あらかじめ値引き範囲をおおよそに見積もり、これ位の予算なんですよと言う風にさりげなく自分の予算に収められる交渉をしています。

業者での値引き術

購入する際の交渉はあっさりと終わらせないで下さい。ゆったりと営業マンと交渉できる時間を持つのが良いと思います。(営業マンも心理的に値引きが出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるならOKです。と言う。同様に、支払い総額が△△万円になるなら契約しますとお願いします。現金払いのメリットはディラーにはありません。クレジットカードを利用しましょう。さらに得するコツは、納車時にガソリン満タンを要望する。通常、ガソリンは10kmくらい走れる程度しか入っていません。ボディーコーティングなどのオプションは付けておいた方が、後でコーティングするより仕上がりが良いです。車両登録、車庫証明などの登録手数料のサービス・半額をお願いする。一般にローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、その分が値引き額に反映されやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に契約する。

展示車やキャンセル車は安くなる。

【ターゲット】の値引き交渉を成功させるには展示車やキャンセル車を狙うのも有効な方法です。これらの車はすでに他人が試乗車として使用しているので、新古車というイメージが強いからです。特にキャンペーン期間中や自動車販売店の決算時期になるとその傾向はさらに強くなります。その期間中に商談をしたら、中古車に近いぐらいの値段になる場合もあります。他の自動車販売店のライバル車の見積もりを持参するのも値引き交渉のテクニックです。

キャンペーン期間中は車が安くなる可能性が高い。

【ターゲット】を購入する際にはキャンペーン期間を狙うのも一つの方法です。キャンペーン期間中には営業成績のノルマが課せられ、ノルマが達成されなかったら本社から厳しい指導が入るからです。そのため他の自動車販売店の見積もりを持参したら値引きされる可能性が高くなります。さらにキャンペーン期間の最終の方になると、もっと値引き額が大きくなる場合もあります。自動車販売店の公式サイトを確認したらいつがキャンペーンか分かります。

新車購入はディーラーオプションでもっと安くなる!?

ディーラーオプションとはアルミホイールやカーナビ、フロアマット、コーティングなどディーラー(販売店)で取り付けるオプションのことで、要は後からいつでも取り付けられる部分です。ディーラーオプションでの値引き交渉は車両本体価格の値引き交渉が限界を感じてから始めてください。車両本体価格が限界まで値引きされたあと、「(ディーラーオプションの)コレも付けるので後〇万円引いて」、「この(値段交渉した)価格で購入するから、サービスして」などと伝えてみましょう。さらにディーラーオプションを納車後に取り付けてもらえるように頼んでみてください。こうすることによって自動車取得税も少し節約できますよ。

残クレ。損なく利用しよう!

残価設定ローンとは、最近この言葉をよく耳にすると思います。短縮して、残クレのことです。第一のメリットは、毎月の返済額が今までの常識では考えられない安い金額なので、クルマの高級車に乗ることが出来ます。数年後に、その車を下取りに出す場合の金額を差し引いてローンを組みます。中には、そのローンで車検代金も含まれていることもあります。車検時に、お金の必要が無いのは魅力ですね。でもデメリットです。実はローンの金利は、通常ローンよりも高いです。期間が終わった時に、走行距離、傷があったりすると追金が発生します。3年から5年の間に、誰が、どの場合に乗るのか考えて決める必要があると思います。

買いたい金額を明確に??

新しく車を買おうと思った際に、気になるのは値段です。そこで、少しでも元値から値引きしてお得に車を手に入れる方法を話していきます。まずは、直接ディーラーの営業マンとお話をして、欲しい車種、オプション、値段を明確に伝えます。その際にあなたから買いたいです。というアピールをして信頼関係を築いていきます。二度目の来店で即決できる金額の提示ともう一度あなたから買いたいことをアピールをしてみてください。相手な心情に訴えかけることはかなり有効的です。月末になればなお有効的です。