新型【ターゲット】値引きの方法を教えます

新型【ターゲット】の値引き額を限界まで引き出して、オプションをつけることで値引きを最大限引き出し、新型【ターゲット】を底値で買う方法を紹介します!値引き額は馬鹿にできません。10~30万円違ってくるとクルマのグレードを上げても支払い総額は変わらなくなります。

取扱いディーラーへのアクセス、訪問方法

値引きテクニックとしては、【ターゲット】同士の競合が効果的。【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店で【ターゲット】の扱いがあります。中でもカローラ店とネッツ店は値引きが大きいようなので、その2店を中心に攻めると良いでしょう。

値引き交渉を簡単に済ませるには

値引き交渉を成功させるには、もし、時間が許すのであれば、相見積もりの数を増やしましょう。交渉はなんともやっていると、どんどん上手になっていきます。【メーカー】のディーラーは、4系統あります。それぞれ【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店です。同じ系統だと値引き額は統一しているので、4系統回って見積もりを比較します。

値引き交渉成功のカギは?営業マンを本気にさせる商談方法

【ターゲット】を購入する場合、値引きなど少しでもいい条件を引き出すためには、営業マンとの商談の進め方が重要です。一般的には複数のディーラーの同グレードの車種を競合させる方法がよく知られていますが、そのことはプロの営業マンも承知しています。営業マンが見込み客に対して最も注目するポイントは客の本気度です。客の側としては商談の場でできるだけ良い人に徹し、営業マンに「この人に買ってもらいたい」と思わせることも大事なポイントです。「本当に買いたいのだけど、予算がこれだけしかないんです」ともちかけるのが効果的です。

業者での値引き方法

お目当てのクルマの見積もりをもらうと営業マンは、その日の夜に自宅に来る事があります。その際は購入者にとってチャンスです。営業マンは絶対に契約を取りたいので、具体的な値引き額を用意して来ています。値引きののメインとなるノウハウとしては、端数を切り捨て、トータルで○○万円になるなら購入しますと伝えましょう。同様に、支払総額が△△万円になるなら契約しますと言う。現金払いは交渉材料になりません。さらに納車時ガソリン満タンを要望すれば通ります。通常、ガソリンは10kmくらい走れる程度しか入っていません。ボディーコーティングをサービスしてくれたらなど、好きなオプションを要望する。車両登録、車庫証明などの登録手数料のサービスを要求する。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台がねらい目)は決算期などに多いです。

クルマや中古車ではない新古車を選ぶ選択

新古車にカテゴライズされる商品には、展示車やキャンセル車があります。展示車は、ディーラーに置いてある商品のサンプルが、一定期間経過し商品となったものです。キャンセル車は、一時は販売が確定していたものがキャンセルされ、商品として再び並んだものです。これらは、アウトレットという枠組みで新古車として知られています。新古車は、ディーラー側も早く売りたいため値引きされた価格で提供されています。あなたが、新古車を購入されることを検討している場合、値引き交渉をするとより安くなるかもしれません。

【ターゲット】を買うなら狙うは決算月!3月と9月が勝負!

自動車メーカーの営業マンはノルマの達成や営業成績が月給・賞与につながります。特に3月・9月の決算月が近づくとメーカーが販売に積極的になり、営業マンの仕事にも力が入るため最も値引き交渉がしやすい時期といえます。またキャンペーンを実施するメーカーも多くなり、オプションなどをサービスしてくれる場合もあるので通常よりもお得に購入が出来ることでしょう。メーカーの販売成績に敏感になっている決算時期を狙って交渉することをお勧めします。

新車の値引き交渉ではディーラーオプションがポイント

できるだけお得に【ターゲット】を購入したい場合、本体価格からの値引きのみでは限界がありますが、ディーラーオプションを多くつけることで、トータルでの値引き額を大きくすることが可能です。例えば、カーナビの取り付けやコーティング作業などはディーラー側で行うため、商談時の交渉によって大幅な値引きが期待できます。また、比較的価格の安いディーラーオプションの場合、サービスでつけてもらえる可能性もあるため、よりお得に購入できます。

車の購入の方法として残価設定ローンを考えている人のために!

車の購入のために残価設定ローンを検討している人はそのメリットとデメリットをよく考えた上で決定すべきです。まず残価設定ローンのメリットは月々の返済額が低く抑えられることです。車種にもよりますが、車体価格の60%前後の価格を3年から5年で分割払いすることができます。デメリットとしては走行距離が一定の距離を越えると追金が発生してしまうことです。また残価設定ローンは月々の分割払いに金利を乗せて支払う形になるので、車種や販売店をよく吟味して検討するべきです。月々の返済額を低く抑えつつ、一月あたりの走行距離が多くない方は残価設定ローンをクルマ購入の方法の一つとすることができます。

何度もお店に足を運ぼう!

いざ新車!となれば心もワクワクしてきますね。しかし、クルマ一台お買い上げとなるとなかなかの出費です。少しでも値引きしてもらえるよう交渉にチャレンジしてみましょう。ポイントは何度もお店に通うこと。見積もりを出してもらったら、一度持ち帰り、また足を運ぶ。これを繰り返すことで、このお店でクルマを買う意思があるということを伝えましょう。信頼関係が築かれます。また、交渉はコミュニケーションですから、話すときの態度も大切。営業マンに嫌な客だな…と感じさせないよう、感じ良く粘り強く交渉することが大切です。