新型【ターゲット】値引きの相場を教えます

新型【ターゲット】値引きで最も大切な事は、今お持ちのクルマをディーラーの下取りとしてではなく、買取専門の業者に売却して、新型【ターゲット】をディーラーとの交渉で有利に進める方法を伝授いたします。これからは、そんなに難しくないお話をしますので、短時間で【ターゲット】購入のマスターになることも夢ではありません。地域によって、またディーラーによっても値引き額は違ってくるのですが、それでも通常より最低限数十万円は値引き出来ることでしょう。

取扱いディーラーへの行き方、訪問方法

【ターゲット】の値引きを最大限引き出すテクニックは、【メーカー】が【ターゲット】を出来るだけ売るために、すべてのディーラーで購入可能にしていることを利用します。【メーカー】には、【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店の4つ種類があるのですが、それぞれのディーラーに行って見積もりをもらうのが良いでしょう。

値引き交渉を簡単に済ませるには

値引きテクニックとしては、【ターゲット】同士の競合が効果的。【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店で【ターゲット】の扱いがあります。中でもカローラ店とネッツ店は値引きが大きいようなので、その2店を中心に攻めると良いでしょう。

【ターゲット】を安く購入するための値引き交渉テクニック

新車を少しでも安く購入するためには値引き交渉のタイミングがポイントとなります。初めて販売店を訪れた際は、本命車や予算については口にしないのが鉄則です。本命車や予算を先に伝えてしまうと本命車が特定されるだけでなく、予算を提示した時点で営業マンのペースになっててしまいそれ以上の値引きが可能な場合でも範囲内での値引きしか期待できなくなるからです。値引き交渉は初めからではなく契約の一歩手前で行うのがベストです。商談を行う際は「値引きしてくれないなら買わない」などといった横暴な態度ではなく、営業マンが「この人に買ってもらいたい」と思うように接することも大切です。

業者での値引き成功術

決める時の交渉はあっさり終わらないでください。最終交渉は営業マンに予定の無い日時を聞き出して訪問します。(営業マンもゆったり対応できるので値引きも出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるならサインしますと言う。同様に、支払い総額が△△万円になるなら考えますとお願いします。現金払いのメリットはディラーにはありません。さらに得するコツは、納車時にガソリン満タンを要望する。通常、ガソリンは10kmくらい走れる程度しか入っていません。ボディーコーティングなどのオプションは付けておいた方が、後でコーティングするより仕上がりが良いです。車庫証明などの登録手数料のサービス・半額をお願いする。一般にローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、その分が値引き額に反映されやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に契約する。

展示車やキャンセル車を狙うコツ

車の購入の際に大きな値引きを希望する場合は、ほぼ【ターゲット】に近いものの、わけありともいえる展示車やキャンセル車が狙い目です。とはいえ、展示車やキャンセル車の値引き交渉を成功させるコツは、最初から狙っている素ぶりをみせないことです。あくまで通常のクルマで注文する交渉から入ります。ディーラーが【ターゲット】で提示する値引きより更に値引き出来ないかということで、場合によっては展示車やキャンセル車でもいいと持っていくことです。こうすることで、ディーラーのペースに巻き込まれることなく、希望の交渉をすすめることが可能になります。

新車を少しでも安く購入したいのなら時期を選ぶべきです!

新車を少しでも安く購入したいのなら時期を考えるべきです。まずは1月頃からディーラーとの交渉を始めます。勿論、すぐに決定してはいけません。欲しい車と競合する2車種ほどを選びどれにするか迷っている、という姿勢を見せます。そして2月頃には2車種に絞りどちらかには必ず決めたいという意思を示しますが、そこでもまだ妥協せず粘り強く交渉を続け3月まで引っ張ります。ディーラーには月毎のノルマがありますが特に3月は年度末のため少しでも営業成績を伸ばそうとして、かなりの値引きキャンペーンを行います。そこで最大限の値引きを引き出してから購入を決めるのです。

クルマ購入はディーラーオプションでもっと安くなる!?

ディーラーオプションとはアルミホイールやカーナビ、フロアマット、コーティングなどディーラー(販売店)で取り付けるオプションのことで、要は後からいつでも取り付けられる部分です。ディーラーオプションでの値引き交渉は車両本体価格の値引き交渉が限界を感じてから始めてください。車両本体価格が限界まで値引きされたあと、「(ディーラーオプションの)コレも付けるので後〇万円引いて」、「この(値段交渉した)価格で購入するから、サービスして」などと伝えてみましょう。さらにディーラーオプションを納車後に取り付けてもらえるように頼んでみてください。こうすることによって自動車取得税も少し節約できますよ。

残クレ。損なく利用しよう!

残価設定ローンとは、最近この言葉をよく耳にすると思います。短縮して、残クレのことです。第一のメリットは、毎月の返済額が今までの常識では考えられない安い金額なので、新車の高級車に乗ることが出来ます。数年後に、その車を下取りに出す場合の金額を差し引いてローンを組みます。中には、そのローンで車検代金も含まれていることもあります。車検時に、お金の必要が無いのは魅力ですね。でもデメリットです。実はローンの金利は、通常ローンよりも高いです。期間が終わった時に、走行距離、傷があったりすると追金が発生します。3年から5年の間に、誰が、どの場合に乗るのか考えて決める必要があると思います。

ディーラーでの値引き交渉のコツ

ディーラーで営業マンに値引き交渉する際には、初めに低めの予算を伝えることです。もちろんこの人になら値引きしても良いかなと思われるような信頼関係を築く為にも常識のある態度を取ることは必要ですが、下手に出すぎると流れにのまれてしまうので予算を伝える時には強い意志を持って臨みます。また、ライフスタイルや車の使用頻度などの雑談をしっかり行うことで不要なサービスなどを削ってその分必要なサービスの提案を行ってもらえるので、プライベートな部分から関係作りをしていくのも重要です。