新型【ターゲット】値引きのコツを教えます

新型【ターゲット】値引きで適切な交渉は、下取り車を相場よりも高く売って、新型【ターゲット】をディーラーで購入するだけという状態で望みましょう。この記事をよく読んで理解していただければ、損しない新車【ターゲット】の交渉が出来ることでしょう。クルマに詳しくない方にもキーワードをディーラーに伝えるだけなので、勉強すること無く出来てしまいます。

取扱い専門店への行き方、問い合わせ方法

値引きテクニックとしては、もし、時間が許すのであれば、出来るだけ相見積もりを取ると良いでしょう。【メーカー】のディーラーは、4系統あります。それぞれ【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店です。同じ系統だと値引き額は同じで統一している可能性があるので、出来る限り、4系統回るようにした方がよいでしょう。

値引き交渉を簡単に済ませるには

【ターゲット】の値引きを最大限引き出すテクニックは、【メーカー】が【ターゲット】を出来るだけ売るために、すべてのディーラーで購入可能にしていることを利用します。【メーカー】には、【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店の4つ種類があるのですが、それぞれのディーラーに行って見積もりをもらうのが良いでしょう。

営業マンと仲良くなろう

クルマの購入でポイントとなるのが営業マンとの意気投合です。営業マンは車への愛が強いので良いと思った客に車を売りたいと考えます。予算を伝え値引き交渉を始める前にまずは形から入ることが大切です。営業マンと良い関係を築くことができればその時点でほぼ商談の成功が決まります。購入しに向かう時は外出用のある程度きちんとした身なりで行き、商談が始まった時も雰囲気のよい人だと思ってもらえるような立ち居振る舞いを心掛けるようにしましょう。

業者での値引き方法

決める時の交渉は自宅ですると良いでしょう。最終交渉は営業マンに予定の無い日時を聞き出して訪問します。(営業マンもゆったり対応できるので値引きも出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるならサインしますと言う。同様に、支払い総額が△△万円になるなら考えますとお願いします。現金払いのメリットはディラーにはありません。さらに得するコツは、納車時にガソリン満タンを要望する。通常、ガソリンは10kmくらい走れる程度しか入っていません。ボディーコーティングなどのオプションは付けておいた方が、後でコーティングするより仕上がりが良いです。車庫証明などの登録手数料のサービス・半額をお願いする。一般にローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、その分が値引き額に反映されやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に契約する。

値段を見てびっくり!展示車の購入の仕方

キャンセル車の場合、元のオーナーがカスタマイズしてあるものなので、一般に売られることはありません。そこで、【ターゲット】の購入を検討しているユーザにこの話を持ち掛け、売ろうとします。立場的にはこっちが決定権がありますから、値引き交渉をどんどん行って構いません。また、展示車の場合、家電量販店の展示品の販売と同様、2~3割の値段で購入することができます。しかし、完成車ですから自分で車の中をカスタマイズしたり色を変更したりということは難しいです。

お得に買うなら決算期?!

9月と3月になるとディーラーでは決算時期を迎えます。営業マンは、営業成績のノルマをこなすため積極的な値引きや下取り額アップに努めます。同時に、ディーラーとしても決算セールの特別キャンペーンを行うので非常にお買い得に車を購入出来る時期となります。ただし支払い時期が納車時と決まっている店舗もあり、納車までに1~2ヶ月かかる場合もあるので、決算期より前に店舗を尋ねておくと、スムーズに商談を進めることが出来ます。

クルマ購入はディーラーオプションでもっと安くなる!?

ディーラーオプションとはアルミホイールやカーナビ、フロアマット、コーティングなどディーラー(販売店)で取り付けるオプションのことで、要は後からいつでも取り付けられる部分です。ディーラーオプションでの値引き交渉は車両本体価格の値引き交渉が限界を感じてから始めてください。車両本体価格が限界まで値引きされたあと、「(ディーラーオプションの)コレも付けるので後〇万円引いて」、「この(値段交渉した)価格で購入するから、サービスして」などと伝えてみましょう。さらにディーラーオプションを納車後に取り付けてもらえるように頼んでみてください。こうすることによって自動車取得税も少し節約できますよ。

クルマの状態が楽しめる!

残価ローンのメリットは新車を定期的に乗ることができます。金利が少なくてローンが実現しますし、返済額もある一定期間になると中古として売ることになるので一気に返済ができます。クルマに乗り換えるときにちょっとした追金で、車検代と思えばリーズナブルな価格です。最新の新車を乗り継ぐことで快適なカーライフを送ることができます。デメリットは定期的に【ターゲット】を購入するときに数十万円発生しますので、計画的にまとまったお金を準備しなければなりません。

何度もお店に足を運ぼう!

いざ【ターゲット】!となれば心もワクワクしてきますね。しかし、クルマ一台お買い上げとなるとなかなかの出費です。少しでも値引きしてもらえるよう交渉にチャレンジしてみましょう。ポイントは何度もお店に通うこと。見積もりを出してもらったら、一度持ち帰り、また足を運ぶ。これを繰り返すことで、このお店でクルマを買う意思があるということを伝えましょう。信頼関係が築かれます。また、交渉はコミュニケーションですから、話すときの態度も大切。営業マンに嫌な客だな…と感じさせないよう、感じ良く粘り強く交渉することが大切です。