新型【ターゲット】値引きのコツを教えます

新型【ターゲット】値引きで最も大切な事は、今お持ちのクルマをディーラーの下取りとしてではなく、買取専門の業者に売却して、新型【ターゲット】をディーラーとの交渉で有利に進める方法を伝授いたします。これからは、そんなに難しくないお話をしますので、短時間で【ターゲット】購入のマスターになることも夢ではありません。地域によって、またディーラーによっても値引き額は違ってくるのですが、それでも通常より最低限数十万円は値引き出来ることでしょう。

取扱いディーラーへのアクセス、問い合わせ方法

値引き交渉を成功させるには、ディーラー同士の競合が効果的。【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店で【ターゲット】の扱いがあります。その中でも特にカローラ店とネッツ店は値引きが大きい傾向があります。よって、この2店は最後にとっておきましょう。

値引き交渉を成功させるには

値引きテクニックとしては、【ターゲット】同士の競合が効果的。【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店で【ターゲット】の扱いがあります。中でもカローラ店とネッツ店は値引きが大きいようなので、その2店を中心に攻めると良いでしょう。

姿勢を良くして安く買おう

新車を購入しに行くときは、ジャージやトレーナーなどのラフな格好ではなく、ある程度きちんとした外出用の身なりで行きましょう。それだけで営業マンの態度はかなり変わります。営業は車への愛が強く、乗るにふさわしくない人に購入してもらいたくないと考える人がほとんどです。形から入ったら漸く値引き交渉のスタートラインに立つことができます。先ずは予算を少し低めに営業マンに伝え、世間話など雰囲気のよいトークで場を作ると提示された金額と始めに少し少なめに伝えた予算の間くらいの値段に収まります。

ディーラーでの値引き交渉術

購入する際の交渉は自宅ですると良いでしょう。最終交渉はディーラーがすいている平日や休日の夕方以降にしましょう。(ゆったり対応してもらえば値引きも出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるなら考えます。と言う。同様に、総額が△△万円になるなら購入しますとお願いします。現金払いだと安くなることはないです。クレジットカードを利用でマイルなどクレジットカードの利益を得ましょう。さらに損しない方法は、納車時にガソリン満タンにしてもらいましょう。通常、ガソリンを満タンに入れても営業マンは損になりません。だから、受け入れてもらいやすいです。ボディーコーティングなどは、付け加えると後々のリセールバリューが高くなります。車庫証明などの登録は自分でします。というと逆にサービスします。と言われることが多いです。一般にローンを組んだ方がディーラーに手数料が入るので、そのが値引きの対象になります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に購入する。

値段を見てびっくり!展示車の購入の仕方

キャンセル車の場合、元のオーナーがカスタマイズしてあるものなので、一般に売られることはありません。そこで、クルマの購入を検討しているユーザにこの話を持ち掛け、売ろうとします。立場的にはこっちが決定権がありますから、値引き交渉をどんどん行って構いません。また、展示車の場合、家電量販店の展示品の販売と同様、2~3割の値段で購入することができます。しかし、完成車ですから自分で車の中をカスタマイズしたり色を変更したりということは難しいです。

狙いは月末と決算期??

営業成績によって、給料やボーナスに反映されるのが営業マンです。特に月末が迫ってくるとノルマを達成していない営業マンからするといつも以上にキャンペーンを付けてでも、販売台数を増やし自分の成績を上げたいと考えます。特に決算期は会社全体としても売上を上げないといけない時期なので、そのような時が狙い目です。思い切って自分が買いたい値段よりもさらに低い値段を言い、その金額ならこの場で即決します。と言ってみるのも効果的です。

クルマ購入はディーラーオプションでもっと安くなる!?

ディーラーオプションとはアルミホイールやカーナビ、フロアマット、コーティングなどディーラー(販売店)で取り付けるオプションのことで、要は後からいつでも取り付けられる部分です。ディーラーオプションでの値引き交渉は車両本体価格の値引き交渉が限界を感じてから始めてください。車両本体価格が限界まで値引きされたあと、「(ディーラーオプションの)コレも付けるので後〇万円引いて」、「この(値段交渉した)価格で購入するから、サービスして」などと伝えてみましょう。さらにディーラーオプションを納車後に取り付けてもらえるように頼んでみてください。こうすることによって自動車取得税も少し節約できますよ。

再確認しよう!残価設定ローンについて

残価設定ローンを組むことで発生するメリットはまず、高価な車を安いローンで購入することが出来るという点です。車の下取り分を割り引いてローンを組むので普通にローンを組む場合と比べて安くなります。また、金利も安くなるのでお得です。ただ、デメリットとして追金が発生することがあります。買取保障の条件を達成できなかった場合に返済額よりも多くお金を支払うことになってしまいます。ただこれは条件を守れなかった場合です。綺麗に車を乗りこなすことが出来れば、ローンを支払うだけなのでお得となっています。

交渉苦手な方必見!ディーラーでの値引きのコツ

クルマを購入する際、ディーラー側から値引きさせたい!と思わせましょう。その為に購入する側は「お客様は神様だ」というような横柄な態度をとってはいけません。「この人には安く買ってもらいたい」と思わせるような丁寧な態度をとることが大事です。上手に交渉したいなら自分の意見より先に相手の意見を聞きましょう。そうすることで「この人は本気で購入を考えてくれている」と向こうから値引きについて話してくれます。また、ディーラーで車を購入すると、その後のメンテナンスなど何かとお世話になります。長い付き合いにするためにも、しっかりディーラーと仲良くなって信頼関係を築くことが大切です。