新型【ターゲット】値引きのコツを教えます

新型【ターゲット】を限界まで値引きして、下取り車を非常識な価格で売却し、新型【ターゲット】をトータルで得する方法を紹介しています!ここに書かれていることを素直に行動していただければ、数十万円得することになります・・・誰にでもできることなので是非実践しましょう!

取扱い専門店への行き方、問い合わせ方法

【ターゲット】は【メーカー】の販売店4系統(【メーカー】店、トヨペット店、ネッツ【メーカー】店、カローラ店)すべてで取り扱っている車種です。これらはそれぞれが独立した会社なので、すべてのお店で競合させることが可能です。相見積もりをとって、しっかりと比較してみましょう。

値引き交渉をスムーズに行うには

【ターゲット】を取り扱っているのは、【メーカー】4系列(【メーカー】店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店全てで取り扱っています。なので、遠くのディーラーにわざわざ行かなくてはいけないことはないでしょう。自分の馴染みのディーラーでじっくり粘って価格交渉するのも良い方法のひとつです。

良い人に営業は車を売りたい

クルマは高く、なるべく安い金額で購入したいものですが、商談での値引き交渉成功には営業マンに良い人だから車を買ってもらいたいと思われることがポイントとなります。営業マンは車愛の強い人が多く、買ってもらう客を選ぶ傾向にあります。購入しに行くときはお出かけ用のある程度きちんとした身なりで出向き、予算を伝えるときも誠実さを示すような語りを心掛けましょう。営業マンに良い客だと思ってもらえれば是非売った車に乗ってもらいたいと考えるので商談がスムーズに進むようになります。

業者での値引き術

最後のやり取りはおせらずに条件を引き出します。最後の交渉は所長の居る時に訪問して下さい。(営業マンもゆったり対応できるので値引きも出やすい)最後に1万円未満は切り捨て、総額で○○万円になるならサインしますと言う。同様に、支払総額が△△万円になるなら考えますとお願いします。現金払いだと安くなることはないです。クレジットカードを利用しましょう。さらに得するコツは、納車時にガソリン満タンを要望する。通常、ガソリンは10km程度走れるくらいしか入っていません。ボディーコーティングなど、実益のあるオプションをお願いする。登録手数料のサービス・半額をお願いする。一般にローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、新車値引きは上乗せされやすくなります。ローンの金利キャンペーン(現在なら1%台がねらう)がある時に契約する。

大幅値引きは当然??展示車やキャンセル車を狙ってみましょう

車のディーラーに置いてあるいわゆる「展示車」呼ばれるものや、キャンセル車があるなら、値引き交渉をしてみましょう。これらに共通しているのは、オプションやグレード、色などは選べないという点です。おまけに前者にいたっては多くの人がドアを開け閉めしたり、ボディに触れたりしているので、傷がついている可能性が高いです。そのことを交渉材料にしておけば、普通の新車に比べて値引きされる金額が大きくなるのが一般的です。

年度末をねらえ! 【ターゲット】をお得に買うコツ

【ターゲット】の値引き販売はあまり期待できませんが、購入時期に注意するとお得に買えるかもしれません。具体的には年度末が狙い目です。年度末は営業成績が確定する時期のため、ノルマの達成が厳しいスタッフと商談すると値引きが期待できます。また、年度内に少しでも売上を高めるためにキャンペーンを展開していることもあります。金利が優遇されたり有料オプションがお得になるのがキャンペーンの一例です。ほかの時期に商談するよりもお得になる可能性が高いのが年度末なのです。

値引きも大きい!オプションはディーラー発注がお得です

カーナビやボディコーティングなどは、車の購入時にディーラーオプションで設定しておく方がお得です。オプションサービスはディーラーにとっても収益の柱の一つです。そのため、契約時にできるだけオプション品を設定することで、車両本体価格からの割引を引き出しやすくなります。また、オプション品によっては取り付け工賃などもサービスしてもらえるので、カーショップで後付けするよりも、ずっとお得に購入することができるのです。

残価設定ローンはお買い得になるの?そのメリットとデメリット

毎月の返済額が少なくなる事がメリットの残価設定型ローン。手軽に車を買えるようになるというように感じますが、いいことずくめではありません。残価設定型ローンは車の分割支払いの金額だけに金利がかかるのではなく、残価にも実はかかります。そのため、支払い総額が通常のローンよりも高くなることが多いのです。また、残価設定型ローンは走行距離に制限があったり、車の傷や汚れなどがあると追金が必要となります。改造などもできなくなりますので、小さなお子さんのいるご家庭や車好きな方には決してお得とは言えないため、ローンの組み方は慎重に考えましょう。

交渉次第で50万円引き!?

新車を購入する時、少しでも安く購入したいと思う人は多いです。私が今までクルマを購入する際に使った値引き交渉は、営業マンとの駆け引きが大事でした。簡単に言うと、信頼関係を保ちつつも不安感を煽るという事です。これだけ聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、要はあなたの所のこの車が欲しいんだけど他のメーカーのこの車も気になっているんだよね。といった具合に、具体的な話しを出すことによって最後の決め手がなくて購入に至らないという状況を説明するだけです。これだけでうまくいけば向こうから値引き交渉をしてくるので、そうなればこっちのものです。